2017年10月14日土曜日

10月連休合宿の様子


107日~9日まで美浜にあります合宿所で10月連休合宿を開催しました。

参加人数は少な目の8名。久しぶりに10名を切りました。運動会や地元のお祭りなどの行事があり、参加出来ない子が多かった合宿でした。

海上訓練は風に恵まれず乗れる子供達にはちょっと物足りず、乗れない子にはラッキーと感じたかもしれません。

初日はお誕生会。今回の10月生まれは一人。

校長から「ケーキは好きなところを貰っていいぞ!」と言われた男の子は熊の絵の部分を全部ひとり占め。結局食べきれずにお友達に少しずつ譲っていました。

今回はセイルが大きくなった子供が多かったですが大きなセイルになって「やったぁ!」と喜ぶ子「えー!」と落ち込む子。でも皆、頑張ってちゃんと上げられていたようです。





 
 

戸塚ヨットスクールを支援する会 粟谷

[無断転載禁止]

2017年10月7日土曜日

週刊新潮


日野皓正ビンタ騒動で「戸塚ヨットスクール」校長が語る「体罰の本質」

週刊新潮より戸塚校長が体罰について取材を受けましたものが
記事として掲載されました。

ご覧頂けると幸いです。

ヤフー版
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171006-00531148-shincho-soci

デイリー新潮版
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/10060605/?all=1&page=1



[無断転載禁止]

2017年9月18日月曜日

9月連休合宿。


昨日より9月連休合宿が始まりました。
台風18号の影響で海上訓練は出来ないかと思っておりましたが
昨日、今日の2日間は風も穏やかな中での海上訓練となりました。

本日9月生まれのお誕生会!
校長先生も喜寿を迎えられました。


 
 
 
戸塚ヨットスクールを支援する会 粟谷
[無断転載禁止]

2017年9月16日土曜日

〜現場で思い描くこと〜 ②


多くのヨット教材がある中、戸塚ヨットスクールでは、独自の5項目 5ページの開きパンフレット調の教材を使っている。

はじめてヨットを学ぶ人には、最高のテキストであろうと思っている。

 


 

  ヨットの各部名称 (名前を覚えることは基本中の基本。先ずはここが入り口)

 

  ロープワーク

(基本の扱い方を学ぶことで、無駄な失敗やロスを無くし、安全を確保する)

 

  ウインドロック (風を知ることで、活用出来る)

 

  ヨットの走らせ方

 

  ルール

(安全 ・安心して行動する為に、後ろから来て、前の物にぶつからない)

 

 

④のヨットの走らせ方では、人生の歩み方と同じである事を学ぶことになる。

(小さい時には感じないだろうが大人になると良く分かる)

 

現場では、風に帆(セール)を合わせる  走り方のテクニックとして、あえて軽く失敗することをやらせ、次の行動の指針を自分で考え体得させます。例えばセールの裏に風を少し入れさせ、バタバタすることがパワーロスになりヨットが走らない事を実感させます。

小さな失敗を自分の目で確認し、判断しながら、次の行動の指針を考えて行くことに繋がります。

 

 

自分で行動し失敗して初めて分かることがあり、失敗をすることで進歩出来ることを学びます。

普段の生活でも小さな失敗を恐れず、ヨット訓練を通して自然と対峙し、多くのことを身に付けたことを活かして、自分を動かすエンジンに火をつけさせたい。

 
 






戸塚ジュニアヨットスクール

ヘッドコーチ 境野

[無断転載禁止]

2017年9月7日木曜日

現場で思い描くこと。

〜現場で思い描くこと〜

戸塚ヨットスクール戸塚ジュニアヨットスクールで何をやっているか。

社会から弾き出された、問題児。
出来上がった不良品は、何処へ行っても、歯車が合わず、受け入れてもらえない。
見た目は大人でも、社会を支える力を持たない。周りから求められる旨味も無い。
戸塚ヨットスクールではそんな彼らを、傍若無人な自然の海で鍛え上げる!

誤魔化しなど通用しない。自分で自分を生かす為に行動する。
訓練を終え  いつしか素顔に自信を覗かせる 満ちた旨味が現れる。

不良品・B級品ばかりじゃ世の中行き詰まる。
旨味に変え、傷んだ りんごも ジュースやジャムに変えて社会へ送り出そう

幼児期3歳~)から参加する、ジュニアヨットスクールでは、これからの社会を担って行けるだけの強い精神力や生命力を持ったリーダーを育てることを目指している。
そのためには「進歩」の能力が必要になってくる。
この「進歩」の能力を作ることが目的である。

立派で強固な建物も しっかり詰まった基礎が無ければ、自然の力に立ち向かえ無い。
人間も同様、基礎をしっかり作ってこそ将来、しっかりした大人になれるのだ。


戸塚ジュニアヨットスクール
ヘッドコーチ 境野貢


[無断転載禁止]

2017年8月26日土曜日

9月連休合宿参加者募集中!

戸塚ジュニアヨットスクールでは9月連休合宿参加者を募集しております。
9月連休合宿は暑くも寒くもなく開催日数も短いので小さいお子さんが
始められるのには良い合宿だと思います。
 
未就学児のお子さんは日々、顔つきが変わっていき逞しくなっていきます。
 
是非、この機会に戸塚ジュニアヨットスクール幼児部合宿へご参加下さい。
 
期間:916日~918
場所:戸塚ヨットスクール合宿所(愛知県知多半島)
 
詳しくは支援する会ホームページ
を御覧ください。
 

 
 
 
 
戸塚ヨットスクールを支援する会 粟谷
 
[無断転載禁止]

2017年8月5日土曜日

木崎湖 キャンプ 幼児合宿

木崎湖合宿も明日が最終日となりました。
一週間という合宿、長いようで過ぎてしまえばあっという間です。
小さい子供たちの日々の変化は凄いものがあります。
先ず、ご飯をガッツクようになり、まるで
生きるエネルギーが注入されたかのようです。
年かさの子供だけでなく小さな幼稚園園児もおかわりの争奪戦に加わり、
一所懸命に食べる姿は子供らしい輝きを放っています。

木崎湖合宿は年に9回ある合宿の中で子供達には一番人気!
ブルーベリー摘みや居谷里湿原散策、ゆーぷる木崎湖での温泉等。
お楽しみ満載なのが人気の秘密なのでしょう。
































 
 
 
 
戸塚ヨットスクールを支援する会 粟谷
 
[無断転載禁止]

2017年8月3日木曜日

第49回TJYS木崎湖合宿風景


729日より木崎湖合宿が始まりました。

総勢26名。一番のおチビさんは3歳前。

まだまだ赤ちゃんの域を脱しておりませんが、

それでもぐずりながらもお姉さんに促されてついていくようです。

ガキ大将が待っている戸塚ジュニアヨットスクール子供社会へのデビュー!

さあ!頑張れ!










戸塚ヨットスクールを支援する会 粟谷

[無断転載禁止]